新コラム始まる!トレードのコツ

逆張りのコツその1「逆張りのイロハ」
逆張りのコツその1「逆張りのイロハ」

サイト「投資の基礎はタダで学べ」では、この度新しく

コラムを書き始めました。何年ぶりでしょう。

 

新コラム「トレードのコツ」は 

逆張りのイロハ逆張りとは?成功する逆張りとそうでもない逆張りの違いなど 

まだ3つ程度ですが、年内には完成する予定です。

 

是非お立ち寄りください。

 

では最初のコラムから少しだけ…。

逆張りのイロハ

逆張りには大きく分けて、

成功しやすい逆張りと失敗しやすい逆張りがあります。

 

成功しやすい逆張り

  • 天底で買う逆張り
  • 押し目買い・戻り売りを狙う逆張り

天底に関しては、「あるポイント」に気を付ければ

成功しやすいと言えますがむやみには狙わないで下さい。

 

失敗しやすい逆張り

  • トレンドに逆行する逆張り
  • 何のラインでもない値位置で行う逆張り
  • オシレーターに頼った逆張り

これらは絶対にやめて下さい。

 

逆張りを狙うべきタイミング

主に狙うべき逆張りのタイミングは「押し目買い」です。

 

トレンドが上、一旦戻った。

 

ラインで反発した。(ここ)

または、ラインで反発して高値を越えた。(ここでも良い)

 

この2つだけでOK。

 

しかし、順調な時の株価指数などはこれだけでも良いですが、FXには上も下もありません。

FXで(我が国から見て)下落相場なら、「戻り売り」を狙います。

 

※この説明は分かりやすいですよね(笑)

ドル円が下落していれば、アメリカから見たら円ドルが上昇しています。

 

天底は、

トレンドが終わる値位置が分かっていなければ取れません。

 

知ってるよ!という方は狙えば良いですが、

トレンドがどこで終わるのかを知らないのなら

天底で逆張りを狙うのはやめておいた方が無難です。

 

どうしても大底で買いたい!という方には

この方法をお伝えします。

 

さらに大きな時間軸で見た時、

その安値は、

どこの安値を切り上げた「押し目」になりますか?

 

そう。

暴落しているように見えても、

場合によっては長期トレードで押し目買いのタイミングだったりします。

 

※あなたが長期トレーダーでなければ

ただの無茶な逆張りになるのですが(笑)。

続きは実際のコラムでどうぞ

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。