トレンドフォロー向きな指標

移動平均線
移動平均線

トレンドフォロー向きな指標の代表として、ここではMA(移動平均線)をご説明します

MAの基本的な使い方は、

トレンドフォローで、「MAの上を値段がキープしている間は決済せずに持っておく」ということです。

基本的には長期で使うべきだと私は思っています。なぜなら、短期では上下の動きが激しくなってくると、平均値など意味がなくなってしまうことがあるからです。

忙しい短期トレードで

いわゆる、結局持ち合いだった時、です。(笑)

上がったら「上かっ!?」下がったら「下かっ!?」で、どちらでもなかった・・みたいな時ですね(笑)。

こんな時、平均値は役に立たないのは分かりますね?

平均値ではなく、端(はし)で買わなくてはいけないからです。

こういう時はフィボナッチを使うともれなく簡単に獲れますが、指標をどうしても使いたいのであればせめてオシレーターを利用しましょう。

ストキャスティクスや、RCI、CCIなどですね。

 

なので、MAは基本的に長期で使うべきだと思います。

祈る

MAの基本的な使い方は『祈る』です。

MAを割れないように祈るのみです(笑)。ただただ安値で買って持っておくのがトレンドフォローですから、テクニカルも何もないです。

一番重要なことは精神的に耐えられるかどうかです。

「上がる!」と信じるのみというわけです。

 

運が良ければ、そのまま上昇していく。

でも状況が狂ったら下落してくるわけですが、その支えになるものがMAです。長期トレンドフォローをするような方は細かなテクニカルなどはそんなに気にされない方ばかり。

そんな方々が参考にするのが、MAです。MAを割れたかどうか

皆が気にしたのであれば、そのラインが意味を持ち始めるわけですね。

 

平均値なんていう、もともと何の意味もないものが意味のあるものに変わる。そんな不思議がこの世界にはあるんですね。

不思議なMAでした。

(ちなみにないとは思いますが、MAを「マ」と呼ばないで下さい。(笑)「エムエー」です)

 

次は逆張り向きな指標について

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。