フィボナッチを知る

フィボナッチは中世イタリアの数学者の名前ですが、

トレードの世界でいうフィボナッチとは『ライン』のことを言います。

フィボナッチの比率を使ったラインのことです。

 

数学が分かる人は御存じのとおり、フィボナッチ数列は黄金律に当てはまる数字の羅列です。

いわゆる自然が生み出す芸術。最も自然な形に見える数字の比率です。

建物の寸法や、ノートの縦横の長さの比率なども黄金律です。

人間から見て、一番親しみやすく、自然に思える、又は美しいと思える比率だから黄金律があらゆるところで採用されるわけです。

フィボナッチの基本
フィボナッチの基本的な売買

参考;このチャートは無料テキスト「相場の絡繰り」の画像です

相場においてフィボナッチとは。

不思議とフィボナッチで割り出したその数値、その値位置に値動きが集中してしまうのが

フィボナッチの魅力です。

頂点の値位置、大底の値位置、押し目の値位置、戻り売る値位置。

全てフィボナッチで割り出せます。

 

※一部例外があります。その例外はギャンで割り出せます。

 

これは最初、とてもびっくりされると思います。

どこにびっくりするかというと、『当たりすぎること』にびっくりするのです。

私はフィボナッチを研究し尽くした人間ですが、販売しているフィボナッチの教材を観た会員様から

驚きの声が寄せられすぎていることに私はびっくりしています。(笑)

とにかく、皆びっくりします。

『なんで、言った通りになるの??』てな具合です。

※相場解説もしているものですから。

 

あなたも間違いなく、びっくりするでしょうね。

自然の調和なのか、はたまた人間がそうしているのか

フィボナッチで割り出した数値に相場の値位置は収まる。

この現象を、二つの見解で捉えることが出来ます。

 

一つは、

不規則に見える値動きが調和し、自然な形に収まっている

もう一つは、

それを知っていて利用している人間(投資家)が買うことによって、

フィボナッチ数列に沿う形で相場が展開される

 

この二つです。

どちらだと思いますか?

 

私は両方だと思います。

あらゆるチャートの形になる数字の羅列で人間が織りなしているものは

フィボナッチの数値に沿うことが多いという説もあります。

相場では不可思議なことにまさにぴったり収まるのです!

これには二つ目の要因が関連しているはずです。

そう。

『フィボナッチを利用して利益を出す投資家がさらにフィボナッチの精度を高めている』

のです。

いや、全然わからんし

いや、全然わからん。(笑)

という方は動画で説明していますので

次のページをご覧下さい。

フィボナッチの動画解説

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。