逆張りとは

逆張りは、トレードで「値動きに逆行して買う」事を言います。

ただし、どの規模の値動きに逆行しており、保有期間をどの程度に定めたかによってそれは

多くの方がイメージする逆張りではなく、「押し目買い」になります。

 

そして「押し目買い」はトレードにおいて有効な手段の一つです。

 

トレードでエントリーする場合、

  1. 伸びている間、伸びる瞬間に買う
  2. 押し目買い、戻り売りをする

という2つのパターンが極めて有効なエントリータイミングです。

 

値動きの方向に逆行する逆張りは

一旦成功したかに見えても、時間と共に収益が減っていきます。

値動きの方向と逆だからです(笑)。

 

しかし、押し目買いであれば話は別です。

押し目買いとは何でしょうか。

 

押し目買いとは

押し目買いは、「トレンド方向と逆行する値動きが元の方向へ戻る時に買う」というトレードスタイルです。

 

トレンドには逆行していません。

トレンドと逆行した値動きの逆(つまりトレンド方向)へ買うからです。

 

トレンド方向へ買っていても、押し目買いは逆張りの一種である事に変わりありません。

なぜなら、戻っている間に買うという方法は

その戻りに対しては逆方向だからです。

 

※ややこしいですが(笑)

 

逆張りのポイントは規模にあり

『どの規模の値動きに逆行しており、保有期間をどの程度に定めたかによってそれは

多くの方がイメージする逆張りではなく、「押し目買い」になります。』と書きましたが、

重要な点はその規模です。

 

例えば、4時間足で上昇トレンド途中だとします。

 

しかし、30分足では下落しています。

 

4時間足は30分足8本分を意味しますので、

「8倍長い期間の値動きで上昇トレンド」という事になります。

 

では、30分足の下落は

あと何時間続くでしょうか。

 

 

明確な答えはありません(笑)。

ですが、いずれ4時間足の流れに飲み込まれて上昇に転じます。

 

このように

大規模な流れに逆行する小さな流れが終わる時にエントリーする。

 

それこそが「押し目買いのポイントが規模にある」、と書いた理由です。

 

時間だけではありませんよね。

 

値幅も重要です

 

上げ幅10に対して、何割戻してから上昇に転じるのか。

 

これがフィボナッチの基本的な考え方です。

 

ちなみに、上げ幅10に対して12下げれば

もう安値を割れていますので、押し目とは言えません。

その規模では下落に転じています。

 

上げ幅10に対して9までで上昇する必要があります。

 

では、

何割で上昇に転じますか?

 

その押しが浅いか、深いかによって

2通りの目安があります。

 

ここでは教えませんが、

その値位置に来たら買って下さい。

 

損切りは0の下です。

※浅い押し目の場合は別

 

単純にこれだけでも押し目買いは出来ます。

 

 

※買い場に加えて、「どこまで行くか」という目標値も同時に算出出来ます。

 私の最新の手法では、さらにとてつもなく精度が上がっていますが

基本的な2つの買い場と目標値は「値動きのルール」というページをご覧下さい。

 

結論

逆張りはトレードで「値動きに逆行して買う」事だが、

規模を変えるとトレードで有効な手段の一つ「押し目買い」になる。

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。