デイトレードのコツ

デイトレードはそのままの意味では、「一日の内でトレードを閉じる売買」を指します。

 

市場がクローズする前に利益を確保する。

 しかしその中には「スキャルピング、5分足のトレード、30分足のトレード、1時間足や4時間足のトレード」だって含まれている幅広い意味を持つ言葉なのです。

 

ただ単にデイトレードと言っても、午前中だけで売買を終える場合もあれば朝買って夜まで放置、または

翌日まで置いておこうという場合もあり、この程度まではデイトレードと呼べるでしょう。

 

デイトレード手法を使って、週に3・4日トレードし

週末には全てクローズする。

これはどう呼べば?(笑)

 

スイングトレード。とも言い切れませんが、

デイトレードの延長線でこんな事も出来ます。

デイトレード

私の教材で「デイトレード手法」というものがあります。そのままですね(笑)※「極秘」のページの事がきっかけで作成したものです

 

この保有期間は1日~2日程度。

30分足でトレードを進めるのが基本になっています。

 

デイトレードにはデイトレードの理屈がある。

これが分かっていれば、方向性が一瞬で分かるだけでなく

有利な値位置とエントリーしておくべき値位置が分かります。

 

その話は良いとして、このページはデイトレードについて。

 

この他も様々な方法がありますので考えてみましょう。

 

第1話はこちら→「チャートパターンから見たトレード

※デイトレードにも限りませんが、基本から

 

※現在これらのシリーズは制作中です

チャートパターンについて考えよう
チャートパターンについて考えよう

デイトレードのコツ 1

まずはチャートパターンについて学びましょう。この図は持ち合いですね。持ち合いの中でも、これは高値安値がぐちゃぐちゃなタイプで、分かりやすいものとは違います。

ではどんな時がトレードしやすいのでしょうか。

なお、一日の中には値が伸びやすい時間帯や停滞しやすい時間帯があります。それは第4話で。

 

ダウ理論をトレードに活かすために
ダウ理論をトレードに活かすために

デイトレードのコツ 2

本編でダウ理論について書きましたが、新たにダウ理論について考えてみるとします。

デイトレード云々以前に、最低でもチャートパタンやダウ理論程度は理解しておいた方が良いでしょう。

今回は「ダウ理論をどうトレードに活かすか」。

理詰めで勝つデイトレード
理詰めで勝つデイトレード

デイトレードのコツ 3

理屈が大事です。

色々な理論があり、その中でも

ことデイトレードに限定すれば、

時間と値位置でしょうね。

 

今回は


時間だけで勝つデイトレード?
時間だけで勝つデイトレード?

デイトレードのコツ 4

時間だけで勝てる、とも言い切れませんが、時間と値位置を合わせれば勝てます。

特に、時間理論は簡単で

その時間に買ったら後は利食いの時間まで放置するだけ。

もちろん値位置のフィルターは掛けましょう。

ライントレードでデイトレード
ライントレードでデイトレード

デイトレードのコツ 5

ライントレードを、水平線やトレンドラインだけだと思っていたら大間違い!

フィボナッチトレーディングこそ、真のライントレードでしょう。

 

デイトレードに特化した手法
デイトレードに特化した手法

デイトレードのコツ 6

デイトレード向け戦略を幾つかご紹介します。

一日中張り付くイメージがあると思いますが、それだけがデイトレードではありません。

時間は有意義に


『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。